Archive for 11月, 2012

11月 8th, 2012

アレクサンダーテクニークを使いながらオムツ替え

1日中、アレクサンダーテクニークを使いながら生活するとなると、一番違いを感じるのが子どもとの関わりです。

相手は身長がとても低いですし、目を見て話そうとか、触れようとか、関わりのたびに自分の身体を萎縮させる機会が盛りだくさん。

まてー!!と、追いかけて抱っこするときなども、やはりアレクサンダーテクニークを使いながらのほうが、心身ともに開放感があって気分がいいです。

今日気づいたのは、オムツを脱がせるときのこと。

子どもは私の肩に手を添えて立っています。
私は、子どもを立たせたまま、オムツを下に下ろします。
そのときに、私の身体もオムツと一緒に下に押し縮めたくなろのですが、実際は、私の手は下に動いていき、私の頭はやはり上を方向付けるということが大事だなと気づきました。
私の身体まで一緒に下にギュッと押し付けていく必要はまったくないな~と。でも、習慣的にはそうしたくなる。

これって、荷物を降ろすとき、物を置くとき、パソコンに向かうとき、本を読むときなど、腕ととも意識も下に向かうとき全般にいえますね。

11月 8th, 2012

眠るときに方向性を意図し続ける

眠るとき、自分自身の方向性を意識して眠りについた。

というか、子どもを寝かせつけるだけのつもりが、すっかり心地よくなって寝てしまった…。
時間は20時。

一度眠ると、目は覚めても起きることがなかなかできない私ですが、夜中の1時頃に目を覚まし、なんと頭も眼もとてもスッキリ。
昼間のような覚醒具合で、「寝る」というモードではありませんでした。
寝ようと思うけれど、眠れなくて、こんな状態で布団にいてももったいないかなと思い、夜中2時に起きて、少しヨガのプラクティス。

そのあと本を読んだりして、4時くらいに2度寝。

7時に起床したのですが、このときはいつもどうり起きるのがつらかった・・・。

でも、1時に起きたとき、すごくスッキリしていたことに、とても驚いた。
これって、方向性を意識しつつ寝てしまったからかな? 

過去の経験では、方向性を意識して寝ても、そういうことあまりなかったのだけど・・・
そのときは就寝過程で方向性を意図し続けることをやめていたような気もするし、今夜もう一度同じことを試してみます。

11月 8th, 2012

新しい実験をスタートしました。

昨日より思い立ち、新しく自分自身への実験を始めることにしました。

・アレクサンダーテクニークを1日中実践し続け、このワークをより深く繊細に体験し続けていくこと。
・ブログの更新について、小さなことでも、とにかく吐き出していこうということ。

アレクサンダーテクニークを1日実践し続けることについては、「え? いままでそうではなかったの?」と思われる方もいるかもしれませんが、そうではなかったのです・・・。

アレクサンダーテクニークの経験とともに、自分自身の習慣的な不具合や不都合というものはどんどん減っていき、アレクサンダーテクニークを使わないですごしていても、そんなに困らないということがその原因ですが、ここに甘んじず”不都合があろうがなかろうが、快適であろうがなかろうが”アレクサンダーテクニークを使い続けて生活するぞ!というのが、今の自分への実験です。

アレクサンダーテクニークは、「気がつくと忘れてしまう」「いつもの自分に戻ってしまう」とよく言われるのですが、その通りで、初心者だろうが、経験が長かろうが、このワークは「意識的に」行うワークです。
なので、もし、このワークを1日使い続けるとするならば1日中、意識的に生活し続けなければなりません。
だから、これは、私にとってはとてもよい目標だと思っています。

それから、ブログについて小さな更新をしていこうと思ったのは、私にとってはたいしたことないことかもしれないけれど、アレクサンダーテクニークを学びたいなーとか、学び始めた人にとっては「そういうことが起こるんだ」「こんな風に、マイペースでいいんだ」というような参考にもなるかな?と思ったことと、今は自分にとっても「小さなアウトプット」ということが大事かなと思ったので。

クラスの中では、皆自由に、疑問や気づきや感じたことなどを思い思いにフィードバックしていきます。
そのちょっとした一言が、次の誰かのインスピレーションになったりして、大きな「そうか~~!!」「そうだよね~~」「でも、こういうこともあるよね??」という発展を直に体験できてすごく素敵な時間なんです。
意味があるかわからないけど、そんな感じで自由に、ちょっとした一言を投下していく実験をしていこうと思います。

11月 5th, 2012

アレクサンダーがRADAの創立メンバーだったこと

三輪えり花さんの書かれた『英国の演技術』という本を読んでいます。

えり花さんは、私が劇団の養成所に通っているときの先生で、まさに、私とアレクサンダーテクニークとの出会いを作ってくださった方です。

この本の出版前には、私もアレクサンダーテクニークの項目についてチェック作業に携わらせていただきました。
(チェック作業といっても、えり花さんはアレクサンダーテクニークについて熟知されていますので、私が出る幕はほとんどないのですが)

最近とても忙しく、やっと数日前から読み始めています。
読み始め冒頭から、かなりの衝撃でした。

RADA(英国王立演劇アカデミー)という場所は権威のある演劇学校であるということ、アレクサンダーテクニークのレッスンが基礎として組み込まれていることは承知していましたが、これほどまでの難関校であり、イギリスにおいてプロの俳優となるために、学校の役割とはこんなに大きいものなのかとびっくりしたのです。

そしてその後に続く、アレクサンダー氏がRADAの創立メンバーの一人であったということ・・・

えええーーーー!知らなかったーーーー!
誰からも、そんなこと、聞いたことなかったーーーー!!!と、びっくりしてしまいました。
なんで、こんな重要なこと、いままで誰も教えてくれなかったの??

このことを知って、私は師匠であるジェレミーさんに「アレクサンダーはRADAの創立メンバーだったの???」と聞きました。
彼はアレクサンダーテクニークに関する雑誌を出版していたくらいですし、世界のアレクサンダー事情にとても詳しいのです。
ですが「え?? 聞いたことないよ・・・でも、アレクサンダーは俳優トレーニングを始めた最初の人だよ!!」
んんん?? 「創立メンバー?知らないなあ。友達にも確認してみるよ」と。
「でもこの本は、RADAの人にチェックされているんだよ」「ああ、そうなんだ!じゃあその本が正しいね!!」

とにかく、それはグッドニュースだよね!!と、とてもホクホクしました。

読後感想は、またのちほど~。

**著者の三輪えり花さんから、追加情報を頂きました。
アレクサンダーが創立メンバーだということ、
正確には、RADAの創立時代に、創設者であるビヤボム・ツリーに招聘されたのだということです。

11月 1st, 2012

オープニング企画 500円でたくさんのレッスンを!

アレクサンダー・テクニーク教室FUN! オープニング企画で、なんと500円でレッスンが受けられます。
しかも、期間中は何度も500円レッスンが受講できるというビッグイベントです!!

実際は体験レッスンが3200円ですので、大変お得ですね~。

スタジオからのメッセージ↓ ↓ ↓

“テイスティングウィーク” 11/1〜11/10

本日、吉祥寺にいつでも手軽に楽しくアレクサンダー・テクニークを学べるスタジオがオープンしました。

そこでまずはみなさんに私達のことを知っていただくために11/1(木)〜11/10(土)までを”テイスティングウィーク”と称して、いろんな教師、レッスンを味見していただこうと思います。
期間中は1レッスン500円で何回でもレッスンに参加できます。

「どんな先生がいるのかな?」
「どんなスタジオかな?」
「どんな場所かな?」
「アレクサンダー・テクニークってどんなものかな?」

という興味がある方、ぜひ遊びにきてください。
ホームページにある予約システムからゲスト(会員登録なし)でご予約の上、お越し下さい。

アレクサンダー・テクニーク教室FUN!
電話 070−5519−2154
メール info@alexander-fun.com

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-12-3 和里田ビル301 Studio COZY


4 / 41234