Author Archive

5月 2nd, 2018

「自分の都合の良い日にグループレッスンを受けたい」と思われている方はご相談下さい。

上大岡で、定員3名の少人数制グループレッスンを行います。
(詳細はこちら http://tomokowork.com/c_lesson/2018/05/02/3217.html

ずっと、上大岡(もしくはその近郊)でアレクサンダーテクニークのレッスンを継続的に行いたいと思っているのですが、なかなか実現できていません。
場所や、スケジュール、ニーズなど、いろんなことを調整しなくてはならず、ハードルが高いように感じているのです。

そこで、「定期継続の講座」という意識を切り替えて、
「出来る時に行う講座」として、上大岡でのグループレッスンを開講することにしました。(近隣とは…横須賀、横浜、関内など)

今回開催されるグループレッスンは、ある生徒さんのレッスン日をグループレッスンとして企画し、どなたでも受講できるスタイルにさせて頂いたのです。

そうすることで、個人レッスンより長い受講時間で、レッスン料は安くなるという仕組みです。
グループレッスンということで、内容も豊かになるかもしれません。

そんなわけで、

「本当はグループレッスンがいいんだけど、上大岡では個人レッスンしかやっていないのか……」
と思われている方は、ぜひご相談下さい!

お1人の参加が決まっているであれば、
個人レッスンではなく、グループレッスンとしてお引受けすることをご相談をさせていただきます。

その場合、もちろん告知などはこちらで行います。
「結局、参加者がいなくて個人レッスンになっちゃった」ということがあっても、
料金や時間はグループレッスンのままレッスンを行わせていただきます。

レッスン時間が長くなりますし、レッスン料も安くなるのでお得^^
(レッスン料は、その時の会場費にもよるので事前に明示はできないのですが、個人レッスンよりはお得になるようにしたいです。)

いつまでそんな実験を継続するかは自分でもわからないのですが、とりあえずしばらくは、そんな感じで出来る範囲でグループレッスンを試してみたいのです。

これとは別に、「お友達と一緒に」ということで2人以上のグループレッスンも承っていますので、もしグループでレッスンのご受講をご希望の場合はご相談下さいね。

5月 2nd, 2018

5/23 グループレッスン in 上大岡

横浜市港南区の上大岡にて、少人数制グループレッスンを行います。

横須賀のカルチャーセンターが閉講となったので、カルチャーセンターのような低料金で引き続きフォローできるスタイルを模索中でいるのですが、今回のグループレッスンはその実験のひとつです。
費用を抑えているのに少人数制で、お得なレッスンとなっています。

内容としては……

◎出来るだけ参加者のご状況・関心に合わせてレッスンをしたい!

◎初めて人には、アレクサンダーテクニークの「基本のキ」を楽しく体験してほしい!

という気持ちでいます。

なので、内容は参加者さん次第。

ですが、アレクサンダーテクニークのレッスンはとてもシンプル。
私の言葉で、概要をあらわすと

・どんな緊張・調和状態で日常の対応をしているのか、関心を寄せる

・意識の使い方を変えることで、体の使い方に調和を促すことを試みる

・いつもと違う「意識・体の使い方」をしたとき、自分の体験はどうなるのか関心を持つ

そんなことを、いろんなテーマで観察・実験しながら、自分自身の在り方に気づき、不要な緊張を手放すことを学ぶ内容になるはずです。

何を体験するかは、その時々ですが、「良い感じ」の変化を体験する人が多いことも事実です。

ですが、「良い感じ」に執着せず、自分の在り方に関心を向け、変化の「プロセス」を大切にすることを探求していければよいなと思います。

具体的な関心事項をお持ちの方

・楽器演奏時の緊張について
・腰痛があるので、姿勢を見直したい
など、関心事項がありましたらぜひお持ちください。
防音室なので、楽器や発声なども大丈夫です。

「これはアレクサンダーテクニークのレッスンに関係する問題かな?」
と迷ったら、事前にお問合せいただければご相談させていただきます。

アレクサンダーテクニークを受けたことのない方

初めてレッスンに来られる方は、ほとんどが「何も知らない」という基礎知識0ベースの方がほとんどです。
安心してお越しください。

● 日程
2018年5月23日(水)13:00~14:15

● 定員3名

● 場所
ひまわりの郷
横浜市港南区上大岡西1-6-1
ゆめおおおか中央棟4階
http://www.himawari-sato.com/modules/access2/

● 金額
2,500円 当日現金精算

● キャンセルポリシー
5月20日以降のキャンセルについては、1,000円のキャンセル料をお振込いただきます。

● お問い合わせ

mail@tomokowork.com 070-5365-0552

5/23(水)グループレッスン in 上大岡  参加申込

お名前 (必須)

ふりがな(必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

■アレクサンダーテクニークのご経験
ありなし

■レッスンで持参されたい道具はありますか?

楽器の使用:ありなし未定  
楽器名:

その他の道具:

メッセージがあれば

2月 22nd, 2018

内なるパートナーを育てる(レッスンでしていること)

私が、アレクサンダーテクニークの指導において行いたいと思っていることは、
『自分のパートナーを育てる』ということです。
それを、気楽に楽しく学んでいけたら良いなと思います。

アレクサンダーテクニークは、「自分の使い方」を学ぶものとして知られています。
私たちは日々、「意識と体=自分」を使って生きていますよね。
けれど普通は「自分の使い方」についてあまり知識を持っていません。
育ちながら無意識に体得したやり方、大人から教わった正しいやり方を身に着けただけです。
多くの人を見ていると、それはあんまりうまくいっていないことが多いみたいです。

私が自分の使い方を見直すきっかけになったのは、お芝居を学んでいたときです。
俳優の「心身を扱う基本」としてアレクサンダーテクニークに出会いました。
アレクサンダーテクニークを学ぶようになり、「体が浮いているみたい」「体の存在がなくなったみたい」「肋骨が消え去って、呼吸がたくさん入ってくる」「努力なしに声の響きが深くなる」「思考が静かになって、平和でいられる」といった数々の嬉しい体験をしました。

たんに体の緊張状況が変わっただけなのですが、間違った自分の使い方をしていた私にとってその身体ギャップは凄まじく、アレクサンダーテクニークの学びを「快楽主義」のモチベーションで楽しく続けました。
この学びは、自分が何を体験するかわからない、どこまで自分が変化していくかわからないアミューズメント感覚の楽しさがあったのです。

そうやって、面白いなあと学び続けた結果、自分の中に、頼もしいパートナーが育ちました。
そのパートナーは、日々の生活の中で「私自身の使い方、反応の仕方」に提案をもたらしてくれます。

例えば、気の進まない家事やメールの返信などがあるときに「自分の体に気づいて」とささやきます。
私は自分の「やる気なく脱力して重くなった体」に気づきます。
その次に、内なるパートナーは「首を自由に……」と心身を立て直すアドバイスを与えてくれます。

この冷静な自分の一部があるからこそ、大変な時に、楽に落ち着いて、作業をすることが可能になります。
そうでなければ、イライラしながら重たい体で、嫌々作業をする方法しか選べなかったかもしれません。

こうやって考えると、アレクサンダーテクニークで育むことのできるパートナーとは、心身バランスや、スピード調整などの舵取りをする理性なんだな、と思います。

レッスンで、そのようなパートナー(理性)を一緒に育てていきましょう。
そうしたら、
・自分の使い方は学べる・選べる
 (上手に自分を使えれば、省エネで豊かに自分を使うことができます)

・意識的に緊張度に変化を与えることができると、自分にとって大きな支えになる。
 (自分の動きを阻害する緊張は、勝手にやってきて、変えられないものではありません)
と、いうことも体験できると思います。
楽しく、気楽に、自分のペースで学んでいけるよう、お手伝いをしたいと思っています。

9月 25th, 2017

「生き辛さを抱えた方向け ワーク・ショップ」開催の理由④

◎2017年10月28日(土)開催 ワークショップ開催の裏話
前の話
 「生き辛さを抱えた方向けワーク・ショップ」開催の理由①
 「生き辛さを抱えた方向けワーク・ショップ」開催の理由②
 「生き辛さを抱えた方向けワーク・ショップ」開催の理由③
 

アレクサンダーテクニークの
「自分の頭と脊椎の調和を許す」
そのシンプルな過程には、様々な気づきがあります。

今までの固定概念が取り払われたり、自分や他者に寛容になっていったり。

自分の使い方を選ぶとは、心身両方の不要なものを手放す必要もありますし、
新しい価値観が構築されていくことも必要なのです。

それは、新しい自分の生き方を育む事に繋がると思いませんか?

 

なんて、文章で説明すると大変ムズカシイですが、実際のワーク・ショップではアレクサンダ―テクニークの「基本のキ」を、くつろいだ雰囲気で体験して頂ければ良いな、と思っています。

今回のワーク・ショップは、1時間20分の短い時間です。
ぜひ、遊びにいく感覚で、お気軽にアレクサンダーテクニークのご紹介にご参加下さい。

 

======ワーク・ショップの概要====

平成29年度 東京ウィメンズプラザフォーラム 参加事業
アレクサンダー・テクニーク ワークショップ

『~心と体はひとつのもの!~
無意識にやっている緊張に気づいて、自分の心、体と仲よくしよう!』

日時
1.  2017年10月28日(土)  9:20 ~10:40  講師:上原知子
2. 2017年10月28日(土) 11:20~ 12:40  講師:海津賢
定員
各10名
参加費
1,000円
場所
東京ウィメンズプラザ 第2会議室B
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67
内容
*心と体はひとつのもの!*
★無意識にやっている緊張に気づき自分の心や体と仲良くなりましょう!
★ご自身の緊張バランスの習慣と向き合う、体験的なワークです。 (治療ではありません。)
申込
アレクサンダー・テクニーク普及会事務局
担当:MIYUKI
電話番号 : 080-2725-7939
email : miyufine@jcom.zaq.ne.jp
お名前、参加希望時間、ご連絡先(電話・メールアドレス)をお知らせ下さい。

■詳細 ページ■

~心と体はひとつのもの!~無意識にやっている緊張に気づいて、自分の心、体と仲よくしよう!

9月 25th, 2017

「生き辛さを抱えた方向け ワーク・ショップ」開催の理由③

◎2017年10月28日(土)開催ワークショップの裏話
前の記事
「生き辛さを抱えた方向けワーク・ショップ」開催の理由①
「生き辛さを抱えた方向けワーク・ショップ」開催の理由②

 

今回のワークショップのプロフィールに、MIYUKIさんはこのように書いています。

『アレクサンダーテクニークを学び始め、自身の習慣と向き合うことを地道に確実に積み重ねていくうちに、かつて失ったはずの自身の体の機能が徐々に徐々に、回復方向へ導かれていきました。奇跡的事実でした。』

これは、アレクサンダーテクニークに長く関わっている私にとっても、興味深いことです。

アレクサンダーテクニークは治療ではないですし、医療や心理の専門知識を持って行っているワークでもありません。

ただ、ひとりひとりが、「自分の使い方」に関心を向け、日常の様々なシーンで、

「今、私は何をしているのだろうか?」

「もう少し、違ったやり方ができるのではないだろうか?」

「どの様に自分の調和を許すことが出来るだろうか?」

自分の置かれた環境の中で、自分が何をしているのかを見つめ、
自分の使い方を「意識的に選択する」という作業をしています。

 

自分を見つめる方法は、世の中にいくつもありますが、
アレクサンダーテクニークのメインテーマはとてもシンプルで、

「もっと、頭と脊椎の調和を許そう。」

というものです。

頭と脊椎の調和を許すことによって、
不要な緊張、不要なやり方、不要な習慣を手放し、
本来持っている自分という有機体の可能性を取り戻します。

なので、ストレスを抱えて心臓がドキドキしていても、
なんだかやる気がなくてぐったりしていても、
そんな状況のなかで、少し、首を楽にしてみる。

そうしたら、
「あ、ちょっと、呼吸が楽になったかも」
「あ、すこし、背中がゆるんだなあ……」
そんなことの積重ねです。

 

yotuba.gifつづきはコチラ
「生き辛さを抱えた方向けワーク・ショップ」開催の理由④

 

======ワーク・ショップの概要====

平成29年度 東京ウィメンズプラザフォーラム 参加事業
アレクサンダー・テクニーク ワークショップ

『~心と体はひとつのもの!~
無意識にやっている緊張に気づいて、自分の心、体と仲よくしよう!』

日時
1.  2017年10月28日(土)  9:20 ~10:40  講師:上原知子
2. 2017年10月28日(土) 11:20~ 12:40  講師:海津賢
定員
各10名
参加費
1,000円
場所
東京ウィメンズプラザ 第2会議室B
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67
内容
*心と体はひとつのもの!*
★無意識にやっている緊張に気づき自分の心や体と仲良くなりましょう!
★ご自身の緊張バランスの習慣と向き合う、体験的なワークです。 (治療ではありません。)
申込
アレクサンダー・テクニーク普及会事務局
担当:MIYUKI
電話番号 : 080-2725-7939
email : miyufine@jcom.zaq.ne.jp
お名前、参加希望時間、ご連絡先(電話・メールアドレス)をお知らせ下さい。

■詳細 ページ■

~心と体はひとつのもの!~無意識にやっている緊張に気づいて、自分の心、体と仲よくしよう!

保存


1 / 3812345...102030...最後 »