Archive for ‘レッスン案内’

4月 21st, 2012

2012年4月26日 抱っこワークショップ 開催間近 参加者受付中

抱っこWS、いよいよ来週木曜日です!
抱っこワークショップ 緊張を手放して、力を発揮する 参照
2012年4月26日(木)13:30〜15:30 仲町台にて

ご興味のある方、まだ枠はありますのでお越しください^^

実は、私も、私の先生に抱っこの仕方をアレクサンダーレッスンでみてもらったことがあります。

今と比べると子供はもっと軽かったので、
今の私なら「そんな大変じゃないだろう」と思うのですが、
やっぱり当時は当時で「大変」だったんですね。

先生は、私が抱っこをしている姿をみて、
「ふん・・うまくやっているように思うんだけど・・・ほんの少し、こういう傾向があるかな」
と、ちょっと肩を後ろ引く動きをしました。

え?そうなんだ? 気づいてなかったな、じゃあ・・・?と思うと

「もっと、こんなふうに前に・・」
先生は胸の前でまあるく空気を抱え込むような動作をして、腕の使い方を見せてくれました。

とても大事なものをやわらかく包み込むような動きで、
それを見るだけで、気持ちも身体も優しくなり「ああやって抱っこできたらいいな」と思いました。

そして
『もっと、腕は前に長くなって、抱えるんだな」と、
今までの習慣と違う動きの方向性を「考え」ていると

「そうそう!」と先生

考えが変わると、動きにすぐに反映されるので、「こうですか?」と聞く前に、先生は「それだ」と教えてくれました。

その新しい抱っこの仕方は、いつもと違うのでなんだか不思議な体感もあるのですが、
腕が子供の身体にまきつくような感じ(あくまで感覚)がして心地よく思いました。

先生も、自分の先生に抱っこのしかたをレッスンしてもらったことがあるそうです。
(こうやって、代々、抱っこのレッスンが引き継がれていくっていうのもいいですね!!)

私の子供はそのころまだ8ヶ月くらいだったと思います。
先生は、自分がレッスンを受けたときのことを話してくれました。

「私がレッスンを受けたときは、子供はもう少し大きくて、身体を少し、後ろに倒す必要があったの。
そんな風に先生にアドバイスを受けた。
でも、今のあなたの赤ちゃんくらいの大きさなら、バランスを取るために、後ろに行く必要はないわね。」

その必要がないのに、私は肩を後ろに引いて、身体を反るような姿勢でで後ろに倒れていたんですね。
自分できづかないうちに。

しかも、その習慣は、抱っこのときだけでなく、寝るときにまで影響を及ぼしていたという・・
眠れない夜にアレクサンダーガイダンス参照)

抱っこで緊張したからだを、抱っこが終わったら開放することも必要ですね。

今回のワークショップでは、抱っこの仕方・抱っこから開放された後の、身体の開放、両方学べます。
アレクサンダーテクニークにとって、両方とも同じことだからです。

さてさて、
私たちのレッスンでは、どんな抱っこの発見があるか楽しみです!

どうぞお越しください^^

「だっこワークショップ」

教師:上原知子
アシスタント:福本亜紀

日時:4月26日(木)13:30〜15:30 / 入場開始 13:15~

場所:仲町台駅近くのサロン
   横浜市営地下鉄線 仲町台駅徒歩3分
   (詳細は申し込み後にお知らせ)

参加費:3.000円 当日清算

対象:どなたでも
    お子さんを抱っこする機会のある方
    これからママになる方
    アレクサンダーテクニークに興味のある方
    など・・・

定員:10名

ご予約・お問合せ:
オーガナイザー 武田佳子
daccows0426@gmail.com に、以下の内容をお送りください。

・お名前
・お電話番号
・メールアドレス
・お子さん連れの場合、お子さんの人数とご年齢

◎ ご一読ください ◎
お子さん連れの参加OKですが、保育士はおりません。
状況によりお子さんの面倒を見ながらの見学参加になったり、
お子さんを遊ばせながらの参加状況になる場合もあると思います。

また、他の参加者様も、赤ちゃん・お子様が一緒にいるワークショップであることを、事前にご了承ください。

4月 10th, 2012

ライダウンワークのみのレッスン

こんなレッスンは、どうかしらというお試しレッスンを企画しました。
終了時は未定です。
 

レッスン企画1 ライダウンワーク

◎ライダウンワークチケット  ¥10,000 25分×4回 
  ・説明を含めるので、初回のみ30分
  ・だいたい6週間以内でご利用ください

場所:上大岡レッスンルーム(場所の詳細は、ご予約時にご案内いたします。)
時間:10:00-17:00 要予約 お問合せ・ご予約
 

 

このような方に

・身体を休息させたい方
・身体をリフレッシュしてバランスを取り戻したい方
・お仕事、ダンス、武術などのため、ウォーミングアップ・クールダウンに使いたい方。
・ひとりでライダウンワークを行うために、教師の指導がほしい方

 

ライダウンワークで期待できること

・呼吸がラクになる。
・短い時間で有効に休息を取れる。
・身体の支え方、バランスがよくなる。
・ウォーミングアップとして活用できる。
・心身の調和のための「身体の方向性」を学べる
 
身体全体が筋肉の不要な緊張から開放され、
身体の構造的な広がりを回復させることに役立ちます。
 
また、横たわった状態で筋緊張を開放するので、
椎間板に水分が戻ることを助けるといわれています。
  

 

 

ライダウンワークの方法

・洋服は着用したままです。
・生徒はベッドまたは床に仰向けに横たわり、立てひざになります。
・習慣的な緊張が減ることによって、広がるべき方向に身体が開放されることを許します。
・教師が触れながら、不要な緊張を減らす為のサポートを行います。

  
ライダウンワークは、一人で行うことができますが、
教師にサポートをもらうことで、より明確に開放する方向へと身体を導くことができます。

疲れたときや体調がすぐれないときにライダウンワークを行い、
勉強や仕事の合間の短い時間にリフレッシュし、またレッスンや仕事などに戻るなど、日常で自分の身体を休めるために利用できます。
 
私は朝一番の授業を行う前にライダウンワークを行ってからレッスンに入ることもあります。
筋肉が開放されながら、身体全体がのびのびとするので、
身体が目覚め、パキ! シャキ! と活動を始めるのに役立ちました。
 

3月 29th, 2012

抱っこワークショップ 緊張を手放して、力を発揮する 

うれしいご報告です。

アレクサンダーテクニークを使った 『抱っこワークショップ』を開催します。
お子さん連れでご参加いただけます。

子供を産む前から「抱っこ」のレッスンをしてほしいという生徒さんはいらっしゃいましたが、
自分が日々抱っこをする生活になって、「抱っこ」って思っていた以上に大変!!アレクサンダーの出番だ!!と感じるようになりました。

アレクサンダーテクニークを学んでいたおかげで、
どのように自分の体をケアするのか、
どのように「腕」ではなく「からだ全体」のバランスをとりながら有効に力を発揮することができるのか、
それを知っていたことが、とても役にたっています。

今、娘は8キロくらいですが、アレクサンダーテクニークの原理を用いると、快適に抱っこをすることができることを実感しています。
それを忘れて抱っこしているときは、からだをそらしておなかに預けようとしたり、腰に乗っけようとして自分の体勢がおかしかったり・・・。
「はあ、重い~、しんどい~」となるのですが、アレクサンダーテクニークの「広く・長く」を意識して抱っこをするときは、自分自身に活力が沸いてくるのでシャキっとします。

もちろん、疲れ知らずでいられるわけではないのですが、抱っこをしているときの身体への緊張感の軽減、腰痛予防にはもってこいですし、
「なんとかがんばる」のではなく、「どうすればいいのか」を思い出せるのは、精神的な助けにもなります。

そして、これはワークショップでもとりあつかうテーマなのですが、
抱っこする側が無駄に緊張していると、
抱っこされる側も、その緊張を感じてしまうんですよね。

なので、お互いのために、不要な緊張は手放して、
でも、支えるためのパワーはしっかり発揮して、抱っこできるといいですよね!

(アレクサンダーテクニークを学んでいる人から
「自分の使い方が違うと、抱っこしたときの子供の反応が違う」という話を聞いたこともあります。
うちの子は鈍いのか、あまり差がないのですけど・・・。)

抱っこワークショップは、アレクサンダーテクニークを学んでいる武田佳子さんが企画してくださいました。
レッスンしたいな~と思っていた私に、すごく楽しそうな企画を持ってきてくださって、大感謝です。

そして、アシスタントとして、もうすぐアレクサンダー教師になる福本亜紀さんが参加してくださいます。
ワークショップの内容は、亜紀さんと私の二人で考え、アプローチの方法を試験的にやってみたのですが・・・
それが、抱っこしたときの感覚がものすごく違って、ふたりで「きゃー!!」と、興奮してしまいました。

とても、楽しみです。
うきうきしています。
当日も、このうきうきを連れて、参加したいと思います。

「だっこワークショップ」

教師:上原知子
アシスタント:福本亜紀

日時:4月26日(木)13:30〜15:30 / 入場開始 13:15~

場所:仲町台駅近くのサロン
   横浜市営地下鉄線 仲町台駅徒歩3分
   (詳細は申し込み後にお知らせ)

参加費:3.000円 当日清算

対象:どなたでも
    お子さんを抱っこする機会のある方
    これからママになる方
    アレクサンダーテクニークに興味のある方
    など・・・

定員:10名

ご予約・お問合せ:
オーガナイザー 武田佳子
daccows0426@gmail.com に、以下の内容をお送りください。

・お名前
・お電話番号
・メールアドレス
・お子さん連れの場合、お子さんの人数とご年齢

◎ ご一読ください ◎
お子さん連れの参加OKですが、保育士はおりません。
状況によりお子さんの面倒を見ながらの見学参加になったり、
お子さんを遊ばせながらの参加状況になる場合もあると思います。

また、他の参加者様も、赤ちゃん・お子様が一緒にいるワークショップであることを、事前にご了承ください。

1月 10th, 2012

レッスンの受付、のんびりスタート

ブログを更新したら、何を思い立ったか、レッスンの受付再開に踏み切ってしまいました。
自分でも突然でびっくり。

とはいっても、正式に再開というより
「ご希望があったらご相談ください」くらいの感じで。
「状況がOKな時は、ありがたくお受けします」というスタンスでスタートさせてください。

毎週バリバリレッスンしたい!というご希望には添えそうにないですが、
お互いの状況があった時には・・みたいな感じでしょうか。

そんなのんびりレッスンでOKなかたは、どうぞよろしくお願いします。
また、そんな感じで、ご相談に応じて出張とかも出来るかなーと思っています。

フルタイムでがんがん行くぞ!というハードルには遠くとも、
出来るときに出来ることを、というスタンスでいくことにしました・・・。

そんなかんじののんびりレッスン受付なので、料金のほうも改定しました。
とりあえず、のんびり状況が続く間は、特別設定料金で行きます。(それでもよいといってくれる方がいればですが)

くわしくは、個人レッスンのページにて

どうぞよろしくお願いします。

1月 10th, 2012

あけましてめでとうございます。

ずいぶんと遅れてしまいましたが、皆様あけましておめでとうございます。
今年が、この世界のすべての生命にとって、輝かしいものとなりますように。

このブログ、だいぶ放置状態となってしまっていました。
気づけば最後の更新は昨年の9月だったようで、我ながらびっくりしています。
本当に時間があっという間に過ぎ去っていくように感じます。

時間がすぎるのはあっという間ですが、なんだか以前より時間を濃密にすごせているような気もします。
普通に暮らしているだけですが、いろいろ目の覚めるようなことも多く、今まで当たり前であったことがそうではなくなったり、無意識に持っていた制限を手放すことも出来たりして、今までは「去年と全く変わっていない自分」と感じるばかりだったのが、今年は「昨年の今とはだいぶ違うなあ」と思えることを、過ぎ去った時間に感謝したく思います。

そして、これから来る時間・・・今年の活動については、まだ未定です。
体調のほうは、おかげさまでよくなりました。
ご心配くださった方々、ほんとうにありがとうございます。
余裕を持ちながらレッスンを始めたいとは思っているのですが、まだ子供の預け先の問題がクリアとなっていないので、本格的にレッスン再開というところまではいっていません。

あ、でも、2/11にBODY CHANCEで特別クラスをさせていただけることになりました。
BODY CHANCEの生徒さん、ぜひご参加ください。
短い時間ですが、お茶会をレッスンとして行う予定です。
キッチンに立ったり、食器を運んだり、座ってお話したり・・・どの瞬間も、行為することのレッスンとして取り上げることができます。
・・・とはいえ、雑談会で終わったりして。 まあ、それでもいいかなと思っています。

昨年、用事があって久しぶりにスタジオに行き、子連れで教師のためのクラスにも参加したのですが・・・、この雰囲気大好きだなあと改めて思いました。
なじみの仲間たちとのんびりくつろぎながらレッスンを受けることができて、とても楽しかったです。

レッスンを受ける場の雰囲気が好きだということは、継続の大きな要因ですね。
学びの目的以外で、そこに行く充分な理由になる。

久々の教師クラスは、「ご自由にどうぞ」感があって、レッスンを受けるも、見るだけなのも、へんな質問も、超個人的なフィードバックもあり。
友達の家に遊びに行っているみたいな雰囲気が(まあ、まさしく、友達と集まっているのですが)レッスン感がなくてよかったです。

教師クラスはグループレッスンですが、個人の「私は○○についてレッスンしてほしい」という希望に応じてレッスンをしてもらいます。
私は、「レッスンすることを、レッスンする」というティーチングレッスンを希望したのですが、レッスンの途中で子供が泣いてしまって、
「じゃあ、抱っこしながらやろう」と、子供を抱っこしながらレッスンすることを試しました。

レッスン写真

それを見た先生のジェレミーが「マージもティーカップを持ちながらレッスンしていたよ!」と。
マージというのは、マージョリー・バーストーのこと。
アレクサンダーの直弟子でマスターティーチャーの一人です。
ジェレミーにとっては、自分の先生。私にとっては、先生の先生。
マージはお茶を飲みながら片手でレッスンすることがあったんだなあと、当時の気楽な雰囲気が伝わってくる言葉でした。

そういう和やかなレッスンの場にまた戻れること、そして作ることを、今年も楽しみにしています。(計画は未定ですが)

絶対やったるぞー!みたいな気負いは負わず、焦点をもちつつも流れに身を任せて、不意の出来事も「おお!」と楽しめる一年となるといいな。

皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。


3 / 1612345...10...最後 »