眼の柔らかさを思い出す

2014/10/10 金曜日

眼球のやわらかさを思い出してあげましょう。
特に、後方部分について思ってあげるのはどうでしょうか。

実際の柔らかさを知っている必要はありません。
「眼」にあるのは、硬い塊ではなく、
「柔らかいもの」であると、改めて認識をしてあげるということです。

何かを見ているとき、
没頭しているとき、
眼球の柔らかさを思い出すことが、
あなたの首や肩、腰の緊張を減らすことに役立つでしょうか。
あなたの呼吸や声に、変化はあるでしょうか。

「考え」と「自分の在り方」との関係性を観察してみましょう。