やる気があれば良いわけではない

やる気があるというのは、一件良いことの様に思われる。

けれど、もしその方向性が間違っていたら、間違った方向にエネルギーを強めることになるのだというアレクサンダーの言葉を読んで、全くその通りだなと思った。

だからこそ、「方向性」というものを良く検討する必要があるんだねー。

ほんと、アレクサンダーの洞察力ってすごいなとおもう。

その場その場の気づきとして受け入れてるだけでなく、セオリーとして使えるように整理しているし、論理だてて説明できるし。

それで、学者を名乗るのではなく、俳優だというんだから、不思議な人だ。




コメントを投稿