レッスンメモ ルシア・ウォーカー(2)

身体のバランス、ということについて、ルシアがとても良いレッスンをしてくれた。

ヨガやダンス、いろいろなアクティビティーのレッスンで、
「バランスがうまくとれない」というテーマでレッスンをする方はたくさんいる。

バランスっていうのは、「動くこと」だと、ルシアは言った。

参加者の1人が「ダンスの時、足(フット)が安定せずバランスがとりづらい」といい、バランスを探究するワークとして、みんなで片足立ちになって見たり、大きくステップを踏んでみたり、バランスが危うい動きを踊るように遊んだ。
「足で床をつかまないで、床のその先にもまだ足が進んでいけるかのように…」

いろんな片足立ちをためして、バランスを楽しむのは面白かった。

「もし、足がこんなふうになると、からだは頭よりも先に何をすべきか分かって、バランスを勝手にとってくれますね。バランスっていうのは、動くことなのです」

なるほどなるほど…とおもいつつも、すっきり腑に落ちない部分も…。
もっと静かな安定感のある、バランスの場合は?

「でも、ダンスをしたりするときは、ダイナミックに足を上げたり、たくさん筋肉のトーンを使います。足の関節を固めたり。」

うんうん。

「でも、足を上げたその筋肉のトーンのまま、地に足をつけて立とうとすると、あしが固まっていて、バランスをとるという仕事をしてくれなくなります。」

!!

「だから、足をおろして、床にあしが付くときには、そのトーンを解放してあげることが必要です」

あーー!そうかいうことかーー!

そうやって、足を大きく振り上げてから、大きな歩幅でまた床に足がついていく姿は、本当にきれいだった。

足の関節が自由で、床に合わせて足の甲や指がしなやかに着地していて、
バランスをとるための「用意の緊張」は何もなかった。

足を上げるための、足の仕事をし、
足を着地させるための、足の仕事をし、
バランスをとるための、足の仕事がなされる。

それぞれがダイナミックに連動していて、身体が安定し続けながら動いているその姿は、バランスのことなんかまるで気にしていないよう。

バランスは、からだ全体の仕事の、自然な結果のようだった。

ふらふらとバランスをとるのではなく、
しっかり安定したバランスだった。

それは、足の事だけではなく、ルシアが生徒さんの胴体に触れてサポートをしていたからだと思う。
だから、やっぱりバランスをとるうえで頭・胴体のバランス(プライマリー・コントロール)が要なのは大前提。
そこは、アレクサンダーテクニークの基本で外せない部分。

そのうえで、「動くことがバランス」だっていう、美しい実例を見せてもらった。
「動くことがバランス」っていうか「動けることがバランス」なんだろうな。

固めてしまうと、バランスをとることはできないですよ、と、ルシアはモップの柄を手の平の上に立てて、バランスをとる姿を見せてくれた。

バランスの学びかたはいろいろあると思うけれど、
とても素敵なレッスンでした。




コメントを投稿









CAPTCHA