アレクサンダーテクニークとは

俳優の発声トラブルから始まったワーク

シェイクスピアの朗唱家であったフレデリック・マサイアス・アレクサンダーは、朗唱中の喉の異常に悩まされていました。

本番中の息継ぎで、喘ぐ様な音や息を吸い込む様な音がし、声も擦れる様になったのです。

ボイストレーナーや医師の助けを求めましたが、症状はどんどんひどくなりました。

大切なリサイタルの仕事の時、アレクサンダーは自信を失っていたので怖くなり、再び医師のもとを訪ねます。

幸いなことに、医師のアドバイスに従ってリサイタルの2周間前から声を出来るだけ使わずにいると症状が改善され、リサイタルも可能だと思えるようになりました。

けれども、実際にはリサイタルの途中でまた声が出なくなり、終盤には話すことも出来ないほど声は枯れてしまったのです。

原因は「自分のしていること」
だから「自分の使い方」を変えよう!

アレクサンダーはこうした問題について、原因が「自分のしていること」にあるのではないかと思いました。
事実、彼は声を使うときに、喉や体の緊張を増やしていたのです。

自分のしていることを変えようとするのであれば、「意識」と「身体」どちらかに原因を見出すことは無意味でした。どんな活動も、身体と心を分けて考えることは出来ないのです。

問題解決にあたるには、人を「意識と体の統一体」とみなし、その人全体が変わらなくてはいけません。
アレクサンダーは自分の探求していることは「自分の使い方(the use of the self)」に関することだと考えました。

「間違った使い方」は習慣

アレクサンダーは、セリフを話そうとすると頭のバランスを崩し、喉や身体を緊張によって押し縮めていました。

こうした適切ではない「間違った自分の使い方」は、「セリフを話そう」と思う刺激に対する習慣的反応だったのです。

間違った使い方の原因:エンドゲイニング

「間違った使い方」は、どうして行われてしまうのでしょう。

一つの原因にアレクサンダーが「エンドゲイニング」と呼ぶものがあります。

結果を優先しすぎて、目標設定やそこに到達するためのプロセスが間違い、心身の協調状況を悪くしている状態をいいます。

無意識の反応や、習慣的な反応、感覚情報を誤って解釈することや、間違った指導などにより引き起こされます。

現代ではスピードや結果が重視されエンドゲイニングに陥りやすい環境があります。
けれど、エンドゲイニングに陥ってしまうと、自分の使い方を誤り、心身にトラブルを抱えることになりやすいのです。

間違った使い方の防止:インヒビション

間違った使い方を改善したいならば、正しいやり方に変えようとするのではなく、「不要なこと、間違っていることをしないようにすること」が必要だとアレクサンダーは考えました。

なので、エンドゲイニングの状態にあるならば、結果や目的に飛びつこうとすることをやめる必要があります。

そうすれば、我に返り自分のしている事に気づくことも出来、適切なプロセスを歩む理性を働かせる余地が生まれます。

それに、不要な使いかたを減らすことことは、自ずと協調状況が良い使い方にもどるという側面もあるのです。

自身の使い方に対して気づきと理性を持ち、間違った使い方を防止する。
それが、アレクサンダーテクニークで大切にしていることです。

頭が動いて、バランスの良い状況へ脊椎を導く

「頭」と「脊椎」がどの様な関係を持つかによって「自分の使い方」は大きく変わります。

良くも悪くも、頭の動きは、脊椎を通して身体全体の動きに影響を与えるからです。

頭が動いたときに脊椎と手足が連動すれば、滑らかな動きとなります。
また、頭が脊椎を開放に導くように動けば、適切な緊張がうまれます。

間違った使い方をしているとき、体の張りは緩みすぎたり緊張しすぎたりしていて、スムーズに動かなくなっているのです。

このように、頭と脊椎(首・背中)の関係によって、「自分」の協調状況は変化しますが、
このシステムのことを、アレクサンダーはプライマリー・コントロールと呼びました。

アレクサンダーテクニークのレッスンでは、プライマリー・コントロールの状況を改善するために、頭と胴体(首・背中)の関係性を体験的に学びます。

自己の使い方を改善することで、あらゆる問題に対応する

アレクサンダーは「人」を心と体に分けず「心身統一体」として扱い、「人」の抱える問題の原因を「自分(self)の使い方」という視点で見ました。

緊張しすぎなどの「間違った使い方」は、頭と胴体(首・背中)の協調関係を邪魔します。
不要な緊張を減らし、頭・胴体(首・背中)の協調されたバランス関係を大切にして行為を行えば、使い方を原因とした問題は自然と良いほうへ向かうと考えたのです。

アレクサンダーのとった方法は、「声」の問題だからといって喉のケアや発声法に取り組むのではなく、自分全体の「使い方」を改善することなのです。
それにより機能的な緊張バランスになり、結果的に発声に良い影響を起こす「間接的アプローチ」です。

アレクサンダー・テクニークは治療ではなく学び

この方法は、治療や施術ではなく、「どのように自分(意識と身体)を使うか」という学び・教育です。

そのため、アレクサンダーテクニークの指導者は「教師」と呼ばれるのであり、施術者ではないのです。

世界的に見て、多くの音楽学校や演劇学校などでアレクサンダー・テクニークが取り入れられています。
また、姿勢や緊張癖によって心身のトラブルを抱えている方や、効率よく動きたい方などが、自分の動きの癖を見直すために、「自身の使い方」を学んでいらっしゃいます。