望みがあるだけじゃ、望みは達成されない

そうそう、先日レッスンをうけたことについての付け足しとして…。

私のレッスンをオンラインで先生にみてもらったのですが
私が生徒さん役のパートナーに
「望みはなんですか?」と聞いたとき
パートナーは自分をすこし押し縮めながら「楽に立ち上がりたい」と言いました。

それをみて、先生が
「楽に立ち上がりたいって言ったよね。でも実際には自分を押し下げたんだ。
望みがあるだけじゃ、望みは達成されない

という趣旨のことを言った瞬間、
なんだかガーンと来た。

その瞬間、世の中の在り方がグチャっと潰されたような感じがした。

アレクサンダーテクニークは、
行為の中での「自分の使い方・あり方」を学ぶ。

自分の使い方を選ぶということが、
望みを達成するときの手順の1つだと考えている。
そして、自分の使い方を改善するための手順を学ぶ。

「目的」をもつこと
「その目的のための手順を持つ事」
そういうアレクサンダーテクニークの考えの大切さが、
一瞬で強烈に身に染みた言葉でした。




コメントを投稿









CAPTCHA